サイトメニュー

安全安心な施術のポイント

医者と看護師

施術内容の確認とクリニック選びは慎重に

ボトックス注射による施術は自由診療のため、クリニックによってかかる費用に幅があります。メスを使わないプチ整形と言われていますが、しわ・たるみ除去は約2?3万円、エラ部分は約5?10万円が相場で、決して安くありません。しかし、安さだけでクリニックを選ぶのはトラブルの原因になるためおすすめできません。そこで、クリニック選びに重要なポイントを確認していきましょう。まず、使用する薬剤です。ボトックス注射には数種類の薬剤があり、それによって費用が変わります。確認するべきなのはボトックスのジェネリックと呼ばれるもので、きちんと認可を受けているものかどうかということです。質のよい薬剤を使用すれば、本来ボトックス注射は比較的早く効果が出る上にダウンタイムもほとんどない低リスクの施術方法として知られています。危険を避けるためにも、ほかと比べて安すぎる薬剤には注意が必要です。次に医師の技術や経験です。注射だけの簡単な施術とはいえ、注入箇所や量が適切でなければ効果があらわれない、仕上がりが不自然といった問題が発生します。クリニックのウェブサイトで、美容外科医師としての経験や専門医資格の有無、過去の症例の紹介を見るなどして高い技術力を持つ医師を選びましょう。

そもそもボトックスとは、ボツリヌス毒素に由来する薬剤のことで、その特徴は筋肉を弱体化させる効果があることです。この作用は体のさまざまな部分に使用でき、定期的に施術をおこなうと収縮した筋肉が安定し、効果の持続性が高まるといったメリットもあります。主な施術箇所の一つが、顔のエラ部分です。薬剤を筋肉神経に注入することで神経が麻痺し、顎まわりの筋肉の動きを抑えます。動きが弱くなると筋肉が収縮して出っ張った部分がなくなるという仕組みです。また、筋肉質のふくらはぎや二の腕の痩身にも効果があります。エラ部分と同じく筋肉を一過性の麻痺状態にし、使わない筋肉がやがて退化して細くなるのです。顎まわりや腕、脚いずれも、筋肉を退化させるからといって、ものが噛めなくなる、動かせなくなるわけではありません。あくまで過度に発達した筋肉に働きかけるもので、日常生活に支障をきたすことはありません。さらに、ボトックス注射のもう一つの特徴は、汗を出す神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を弱めることです。わきや手にボトックスを注入すると汗腺に働いて発汗を抑え、多汗症の改善に効果があります。

Copyright© 2019 専門医が行ってくれる新しい治療法の魅力や解説 All Rights Reserved.